演習を深めて、テンプレート化できたら効果的な収入が手にできますよ!

WordPressでブログや Webサイトを運用している方の多くは、サーバーに 1つの WordPressをインストールして 1つの Webサイトを運用しているケースが多いのではないでしょうか。運用する Webサイトが増えれば、それに伴って WordPressもインストールして運用、と。

 

一方、マルチサイトを使って WordPressを運用するとどうなるか? サーバーにインストールした 1つの WordPressを使って複数の Webサイトやブログを運用することが出来るようになります。これが、WordPressマルチサイトの特徴です。

マルチサイトの構成例

ちなみにですが、マルチサイト機能は WordPressの複数ユーザー版「WordPress MU(開発終了)」を統合したことにより、WordPress3.0以降、実装され使えるようになりました。

どのようなシーンで活用出来るのか?

運営しているブログや Webサイト全てを 1個人・1団体が管理する必要があり、且つ、各サイトでも独自に運用をしたいというニーズにマッチすると考えられます。

想定される利用シーン
  • 本社・本部・本店 + 支社・支部・支店という構造のサイト運用
  • 本部 + 運用施設という構造のサイト運用
  • ブログのジャンルをカテゴリに分けて運用するのではなく、サイトに分けてマルチで運用
  • 定期的(例:年単位)に更新していくイベントサイトの運用(過去のサイトを残す場合)

メリット

マルチサイトは、ネットワーク管理者(特権管理者)がブログや Webサイトを追加したり、テーマ・プラグインの管理も行ったりと、全てのブログや Webサイトに対しての編集権限があります。

個別に WordPressをインストールして、テーマ・プラグインを設定しなくても 1つの WordPressで運用するので管理がとても楽に行えます。

そして、ブログや Webサイトごとにユーザーを追加して更新管理を行うことも可能なので、全体を管理する必要があり個別に運用もしたいとうニーズに柔軟に応えてくれます。

デメリット

シングルサイト(1つの WordPressで 1つのブログや Webサイトを運用)に比べて、特殊な構造のためなのか、プラグインによっては対応していないものもあるので注意が必要です(弊社調べでは、SNS連動系で使えないものが多いようです)。

サーバーによってはマルチサイトに対応していないものもあるので、運用を検討しているのであれば、真っ先に確認しておく必要があります。

マルチサイト(ネットワーク)機能有効化の手順

それでは順を追って、マルチサイト機能の有効化について説明します。前提として、

  • エックスサーバーで構築
  • WordPressはログイン出来る環境になっている
  • サブディレクトリ型(補足は後述します)にて構築

ということで進めます。

WordPressのインストール/設定

1WordPressのインストール

WordPressをインストールし、WordPress管理画面までアクセスできる状態にします。

※ インストールディレクトリに制限はありません。

 

2設定ファイルの編集

サーバーからファイル「wp-config.php」をダウンロードします。
以下の記述を追加しサーバーに上書きアップロードします。

  • define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

※ 「/* 編集が必要なのはここまでです」の前であれば記述の追加場所に制限はありません。

 

3ネットワークの設定

WordPress管理画面で「ツール」→「ネットワークの設定」(新しく追加されています)を選択します。
ネットワーク作成画面で「サブディレクトリ」を選択し、「インストール」をクリックします。

※ WordPressをサーバーのドキュメントルート以外の場所にインストールされている場合は、「サブディレクトリ」しか選択できません。

4ネットワークの有効化作業

「ネットワークを有効化中」画面に表示された作業内容を、順番に実施していきます。
作業が完了したらWordPress管理画面から一度ログアウトし、再度ログインします。

1) 「wp-content」ディレクトリに「blogs.dir」ディレクトリを作成し、パーミッションで書き込み権限を追加します。

2) ファイル「wp-config.php」に指定されたコードを追加しサーバーにアップロードします。

3) ファイル「.htaccess」に指定されたコードを追加しサーバーにアップロードします。
ファイルが存在しない場合は新規作成します。

5サイトネットワーク管理者での設定

再度ログインし新しく追加されている「サイトネットワーク管理者」メニューに入り、「設定」→「ネットワーク設定」を選択します。

ネットワーク設定画面の「言語設定」で「日本語」を選択し、「変更を保存」をクリックします。

6サイトの追加

WordPress管理画面の「サイトネットワーク管理者」から、「サイト」→「新規追加」を選択します。

新規サイトの追加画面でURLの一部になるディレクトリ名やサイトのタイトル、管理者メールアドレスを入力し、「サイトを追加」をクリックします。

※ 「サイトのアドレス」欄に入力するディレクトリ名に制限はありません。

以上の手順でサブディレクトリでのサイト利用が可能になっています。
各サイトのWordPress管理画面で設定を行ってください。

Follow me!