事務職をはじめ、どの職場に入社するにしても、

『パソコンは使えますか?』

『文書作成・表計算は使えますか?』

『プレゼンはできる?』

などと質問されますよね。

基本スキルを求められ、

実際に使っていく状況は、

いつまで続くのでしょうか?

また、本当に今のままでいいのでしょうか?

正規採用の従業員が減少し、非正規の従業員が増加し続けている昨今。

同時に、年収も減少の一途を辿って行っています。

その減少の中でも、いかに多くの収入を手にするのかが問題になってきます。

その方法の模索が、今後の大きな課題になるでしょう。

 

 

robot_20160726

 

 

 

人工知能への対応が今後の変化の指標になります。

たぶん、ここ2~3年くらいで、労働市場は大きく変化していくように思う。

身の回りの、人工知能・各種チップの性能の向上にはびっくりさせられますね。

 

Siri、ペッパーくんの会話力は、

近年までと違って、

相手の表情、声色などを見分け・聞き分け、

最適な言葉で返してきます。

Twitterでもつぶやいちゃいます。

小説も書いちゃいます。

将棋もしちゃいます。

チェスもしちゃいます。

卓球もしちゃいます。

どこまで進歩していくのでしょう。

会社員は基本的には、安心できます。

しかし、社長もしくは上司から

『業績不振だから、明日から来なくていいから』

『人事の見直しで、〇〇さん、明日から来なくていいから』

なんて言われたら・・・・!?

 

 

自己防衛の手法は、どのようにするのが一番か!?

考えられる方法は、

<方法1>職業訓練に行く。

<方法2>独学でする。

<方法3>資格を取る。

<方法4>友人に教えてもらう。

<方法5>パソコンスクールに行く。

あたりでしょうか?

 

山形県内の労働市場は、毎月約2万人の離職者。

これが多い、少ないと言うことではなく、

あなた自身が、どのような強みを持って、どんな風に自己PRをしていくか?

生き残る術は出来上がっているかということにはなりませんか?

基本とされる『Word』『Excel』だけでなく、もっと深いスキル・知識を持っていく必要性が出てくると・・・・

 

例えば、

A)データベース知識
B)プログラミング知識
C)デザイン知識
D)WEB製作・デザイン知識  など

 

どのように学習するかは、本当に検討の余地があります。

 

そんな時には、全力で応援いたします。

 

1人の講師が、一貫してすべての科目をサポートしますので、

統一的に、

段階的に、

わかりやすく、

一緒に歩むことで、

確実にスキルアップを

手にするできるはずです。

 

オススメのスキルはこちら

・事務職関連で探したい。 >>
・開発関連で探したい。   >>
・WEB(ホームページ制作など)関連で探したい。  >>
・DTP(チラシ、紙媒体制作など)関連で探したい。 >>
・自宅で仕事をしてみたい。 >>