パソコンスキルが必須と謳われて、だいぶ浸透してきていますが、どれだけの人が本当意味でパソコンを自由に使いこなせているのでしょうか?

基礎的な使い方を習得しても、本当に社会・労働市場で欲する人材になろうるのでしょうか?

といあわせをいただきお答えすることはできたにしても、短期的、刹那的なスキルアップは本来の意味をなすことなく時間だけが過ぎていくのではないでしょうか?

また、どんどん社会は変化し、労働市場は変化し欲しい人材の最低ラインも上昇するのではないでしょうか?

必要とされる人材とは・・・

(1)『情報の管理』『システムの制作・管理』のできる人

(2)ただただ入力できる人

『情報の管理』『システムの制作・管理』のできる人

◆『パソコンのできる人』とはどんな人ですか?

もう『Word』『Excel』のできる人という基準は、はずされ、「word」「Excel」 [Powerpoint」「Access」など『Office』全てが出来る人と上昇することでしょう!!

また、システム構築のためには、データのフロー(流れ)ストック(蓄積)、演算をさせ、デバッグしエラーを「0」にしなくてはいけません。

そうした総合的な理解ができなくては、システムは完成に至りません。

エラーがあってはお客様も納得しないでしょうし、システムも運用されません。

 

給与体系はどうなるの?

2極分化の進む社会に・・・

 

 

 

 

生活を安定させていくためにどのような生活を望みますか?

 

受講の際に検討していただく事項

(1)環境変化の把握

(2)重要性

(3)パートナーシップの深さ

(4)期限、期間

(5)労働市場の変遷、離職者数・内定者数