オートメーション化・省力化

今度経済成長ともにすめられた省力化オートメーションかは衣類いるいがあります。
・OA:事務部門でのパソコン化・コピー機など導入
・SA:サービス業でのレジなど導入
・FA:工場部門での高速製造機械の導入  などがあります。

それとともに人間のこよう人数も徐々に減少の一途を辿ってきました。

 

オートメーション化・省力化による、第2、第3のスキルの必要性

減少によって、分担作業はできなくなり、社員一人ひとりの肩に大きくのしかかってくることになりました。
(事例)
高度経済成長前  現在
事務職:6-7人   → 1-2人

そうなると、自分だけで、それか、相棒とともに、短時間で多くの処理を同時に執り行うことのできるスキルが必要になってきます。
例えば、『プログラミング』で時間短縮化をできるようにする、とか。
大量データを蓄積し、一気に分析できるようにデータベース構築をしたりとか。
チラシ、写真加工を外注化して、時間的なロスが生じていたのを内製化するために、Adobeソフト活用できるようになるとか。

 

習得を目指す方へ

 

プログラミングが身になる方

こちらからご覧ください。

Adobeソフトを身に付けたい方

こちらからご覧ください。

 

在宅ワークが気になる方は

こちらからご覧ください。