本日もご覧いただきありがとうございます。

市場動向は・・・

OA化、FA化、SA化などの経済用語で言われるオートメーション化が進み、人材をどんどん奪って行っている。

1970年代には事務所には、6-7人の経理・事務担当者がいたのに対し、今や1-2人の担当者しかいない。

そこで必要になるのが本当のヒューマンパワー・人財・即戦力です。

事務担当者の内定率は0.3倍ですから、今もなお狭き門です。

そこをクリアするために、最短で効率よく学習するためには、どの時期に、どこで学習することが良いのでしょうか?

 

 

 

対策を取るなら・・・

短時間・短期間で取得を目指すなら、パソコン教室にて受講が一番です。

何と言っても、受験データを多く持ち、その方に合わせてアドバイスをしてもらえたら、

どこをどのように強化していくか一目瞭然んです。

3級であれば、最短で1ヶ月程度時間をいただけますと対策可能です。

 

主な試験はこちら

一般でも受験可能な試験

・日商簿記検定:一般受験可能!

・全経簿記検定:一般受験可能!

高校生のみ、一般受験無理!

・全商簿記検定:

 

これまでの結果は・・・・

最近の過去2の受験では、受験生の努力も大きく、協力体制をとることで100%を達成することができました♫

こちらもご覧ください

簿記検定のページへ→