アプリケーションのそれぞれの特徴により、主にIllustratorは拡大・縮小しても綺麗に表現されるイラストやロゴ作成、Photoshop写真やピクセルの集合体である画像データの編集に使用します。

Illustratorの特徴

Illustratorは、「パス」を使って描画するアプリケーションです。パスを使うと滑らかな線で表現できます。精細な描写が可能です。図形同士を組み合わせて形状を調整する機能を使ってさまざまな描画したオブジェクトを簡単に表現できます。

描画したオブジェクトを拡大縮小や回転などの編集を行っても粗くならないため、さまざまな画面サイズのデバイスに対応する必要のあるWEBデザインに適しています。ただし、写真をレタッチするなどの作業には不向きです。WEBデザインにおいて、アイコンやバナーなどのパーツほか、ラフレイアウトにあたるワイヤーフレーム、さいきんではデザインガンプの制作にも用いられます。

A滑らかな線が描画できる

パス線 線キレイ

B複雑な形状も簡単に表現できる

3Dパス 複雑な描画も可能

Photoshopの特徴

Photoshopは、写真画像の明るさ、色味傾きなどの補正、さらには画像の合成が得意なアプリケーションです。Photoshopにも「ペンツール」をはじめ、各種図形ツールが用意されており、いらすとれーたIllustratorと同様に「パス」を使ってオブジェクトを描画できますが、パスを自由に描画・アレンジする機能はIllustratorの方が豊富です。WEBでざいんにおいては、写真のリサイズやレタッチのほか、デザインガンプの制作に用いられます。

Fireworksの特徴

Fireworksは上記Illustrator、Photoshopの中間のソフトでデザインするのに長けたアプリケーションです。Firewoksにも「ペンツール」をはじめ、各種図形ツールが用意されており、いらすとれーたIllustratorと同様に「パス」を使ってオブジェクトを描画できます。特に、顕著なのが、上記アプリケーションは、WEBページのデザイン1ページ1ファイルに対して、一括管理ができることです。ですので、おススメソフトです。

※ただ、現在最新のCreativeCloudには、開発中止になってしまい、残念ながら入っていないんです。しかし安心してください!以下のバージョンでCS6を選択しするとインストール後使用可能になります。

Follow me!