本日もご覧いた抱きありがとうございます。

先月より少しずつホームページの使用、仕様を変えてきましたが、みなさんの感想はいががですか?

オウンメディアというと難しく聞こえるかもしれませんか、営業管理、入金管理、生産管理など多様なデータを自分たちの必要な項目で、必要な時期に的確にデータを取り出し加工して使って行くことにすぎません。

これは今までもやってきていらっしゃるとおもいますが、

ペイドメデアでは、データを取り出すシステムよ仕様変更にはある程度日数が必要になります。これを即日に変更し、活用できたら大きくありませんか!?

一昨日より、山形県立職業能力開発専門校にて、データベース基礎講座の講師として参加させていただいております。

!とても前向きで、キラキラきた目の受講生の眼差しに心が洗われるようです。

心機一転頑張っていかなくてはと。

デー管理には、

・エクセル

・アクセス

・ナンバーズ

・ファイルメーカー などを活用していると思いますが、

そのソフトをさらに進展した使い方を

模索して一つ上のステージで飛躍することをお手伝いさせてくださいませ。

WEBページベースで、遠隔でデータを管理・操作することがでいれば、
移動時間の短縮、人員削減などメリットは大きいですよね!!

効率よく、多くのデータを活用できるように準備していくことで他社へおおきな差をつけることができますよね!

 

 

こちらの音声をお聞きください。

 

また2020年からはプログラミング教育が始まります。

この対応も親御さん、企業様のお考え一つで様変わりすることが必死です。

スキルアップは、広報、管理、サポートまで幅広い使い道があります。

社員様だけでなく、周囲の方々の方々までも

変化させて行くことだと考えます。

危機感を煽っているかも入れませんが、早い取り組みにチャンスは隠れています。

一緒に駆け上がってまいりましょう!

スキルアップの近道はこちらからどうぞ💁‍♂️

 

 

早い者勝ち!!プログラミング言語と平均年収発表

求人検索エンジン「スタンバイ」は、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表されました。 このランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報約250万件のうち、各プログラミング言語名が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したものです。 では早速、プログラミング言語平均年収ランキングを見てみましょう。 プログラミング言語別 平均年収ランキング2017 順位 言語名 平均年収(万円) 最高年収(万円) 1 Scala 625 1,400 2 Python 601 1,750 3 Kotlin 577 1,050 4 Swift 562 1,400 5 Ruby 562 1,750 6 Java 552 2,000 7 Perl 551 1,750 8 C言語 538 1,200 9 Java Script 536 1,500 10 PHP 522 2,000   世界的に年収の高い「Scala」が日本でも1位に   第1位「Scala」(626万円) 第1位に輝いた「Scala」は、高い生産性と堅牢性を実現し、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を併せ持った言語で、米Twitterや米LinkedInなどが利用していることで知られます。世界的には「Scala」の採用企業が増えているのに対し、扱える人材が少ないことから年収が高い言語といわれています。国内でも、インターネット企業を中心に普及しており、今後もさらに注目されることが予想されます。 第2位 「Python」(601万円) 第2位の「Python」はデータ分析や機械学習の分野で広く使われています。機械学習や深層学習における応用が進み、AIの実用化が研究されるなかでさらに需要が高まると見られます。今後注目大の言語となっています。 第3位 「Kotlin」(577万円) 第3位の「Kotlin」の求人数はまだ少ないもののAndroidエンジニアを中心に利用されていて多くの求人が掲載されています。本年5月にGoogleがAndroidアプリ開発の公式言語として追加することを発表したことが話題となり、ニーズが急上昇していると考えられます。 第4位から第10位は下記のようになりました。 第4位 「Swift」(562万円) 第4位 「Ruby」(562万円) 第6位 「Java」(552万円) 第7位 「Perl」(551万円) 第8位 「C言語」*1(538万円) 第9位 「JavaScript」(536万円) 第10位 「PHP」(522万円) 「Go」と関数型言語も高年収 「番外編」として、ランキング外の注目言語を見てみましょう。 本調査では求人件数が調査日時点で100件未満のものは対象外としており、100件未満であったため、ランキングには入らなかったものの、平均年収が高いプログラミング言語として注目されているものとして、「Go」(平均年収571万円)が挙げられます。「Go」は、プログラミング言語の人気度を示す指標「TIOBE Index」で2016年の大賞に輝いているよう。学習の容易さと実用性の高さから開発者の間で急速に人気が上昇していると見られます。
Read More
早い者勝ち!!プログラミング言語と平均年収発表

 

<a class=”twitter-timeline” href=”https://twitter.com/Hekiru96?ref_src=twsrc%5Etfw”>Tweets by Hekiru96</a> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>