基 礎 編
点を打つ
D7BC2E3F-C2CE-4669-9F98-CA3A66FB8A82

最初の一歩。
たかが「点」とあなどるなかれ!この「点」こそが
基本中の基本です。
ポイントは筆をななめ45°の角度で入れることです。
真ん中の小さい四角が半分に切ってある角度です。
大きな「点」、小さな「点」、いろいろ書いてみましょう。
大きな「点」は太い「線」に、小さな「点」は細い「線」に
つながっていきます。

横 画(線)
A50B73B3-E47E-49D2-8771-53B9C4021FB7
「点」をそのまま横に引いていくと「横画」になります。

最初に打つ点を「始筆」、最後に打つ点を「終筆」といいます。
筆を引いていくのが「送筆」です。
手首を動かすのではなく、腕全体で引くようにすると
線がよれたりしません。またこの時、筆の先(穂先)は
線の上側を通ります。
筆はちゃんと立っていますか?

縦 画(線)
FD1FAC04-F15C-4116-AEFF-9FE1290564D8

「点」をそのまま縦に引いていくと「縦画」になります。

腕だけで引くのではなく、体全体で引くと安定します。
穂先は左側を通ります。

始筆と終筆の点をしっかり打ってくださいね。

転 折(折れ)
DDFC58F2-0BB7-48D2-BD95-CC545B5E9BFA

横画から縦画にうつる「角」のところです。

これも「点」を意識して書くとうまくいきます。

横画の終筆の「点」が同時に縦画の始筆の
「点」になります。

は ね
B83F7F0E-5608-4077-8660-2C605625B9BA

「はね」の基本の動きは、はねる前に、はねたい

方向に筆をよせる(方向転換)ということです。
「よせて、とめて、はねる」、となります。

はね方は、とめたときに筆の腹(真ん中)にグッと力を
集め、はねる方向に押し上げるようにします。
その時穂先は縦画に対して直角になるよう意識しながら
集め、最後はやや上方に抜いてゆきます。

はねの長さはあまり長くならない方がいいでしょう。
切れ味の良い短めのはねを目指しましょう!

(参考) 永字八法
側(ソク、点)、勒(ロク、横画)、努(ド、縦画)、趯(テキ、はね)、策(サク、右上がりの横画)、掠(リャク、左はらい)、啄(タク、短い左はらい)、磔(タク、右はらい)の八法。
楷書の成立と紀元を同じくすると言われる。その由来には唐の張懐瓘『玉堂禁経』にある「大凡筆法、点画八体は『永』字に備わる」「八法は隷字の始めに起こり、後漢の崔子玉より、鍾・王を歴て以下、伝授し用うる所の八体は万字に該す」といった記述から崔瑗・鍾繇・王羲之説が唱えられてきた。また、宋代の文献には智永説(宋・陳思『書苑菁華』)、張旭説(宋・朱長文『墨池編』)などが見られます。