生講習(サポート):講習会場にて、Face to Face で共に課題を進めながら、不安な部分を克服し確実なスキルアップに繋げていきます。
遠隔受講:Skypeでのサポート、ビデオ講習などを行っておくのが通常です。そんなかでも、生講習(サポート)に近い、Skype でテレビ電話のようにしっかりと遠隔でもFace to Face で共に課題を進めながら、不安な部分を克服し確実なスキルアップに繋げていきます。ビデオ講習は、講習内容はビデオを見ながら進めていただき、不明な点はメールで行うものが多いです。