先月「音声読み上げソフト」について調べてみた。ついでに体験版をとりよせて実際に使ってみた。
理由は3つ。
1.視力を失っても慌てないように
2.身近な人が目が見えにくくなっている
3.視覚障害者にとって使いやすいサイト・ブログを目指す

自分は、一日中パソコンの前でカタカタやって仕事しているインストラクター兼カウンセラー。
ただ両手を骨折したり、目が見えなくなると突如何もできなくなる。
そんな事態になっても慌てないよう、また身近な人が目が悪くなりそうなのでその人を支えられるよう、また自分の作っているサイトやブログが、きちんと音声読み上げソフトに対応したものになるようしたいと思った。

音声読み上げソフト

単純に音声を読み上げるソフトなら、いろいろあるようだが、視力を失ったりした場合には、ただテキストを読み上げてくれるだけではなく、アプリケーションを起動したり、ファイル保存などウィンドウ操作だったりを音声で支援してもらう必要がある。
そうしたニーズに応えるソフトでメジャーなものを探してみるとこのあたりがよさそげ(他にもいろいろある)。
●ホームページ・リーダー(IBM)(18,760円)
●PC-Talker Vista(高知システム開発)(41,040円)
単にホームページのテキストを音声読み上げしてくれるだけでなく、ウィンドウ操作や文字入力などを音声でガイドしてくれる。「PC-Talker」のほうは、WORDやEXCELなどの操作やファイル管理などの機能も充実していて、さらにこれと組み合わせて便利に利用できるブラウザやメールソフトなども用意されている。
Windows 10には「Microsoftナレーター」という機能が標準搭載されており、日本語にも対応しています。

高知システム開発の「PC-Talker 10」の体験版 (参考ページはこちら>> )

ファイルサイズが大きいため、体験版は今、ダウンロードではなくDVDを郵送で送ってもらう方式になっている。「本当に買うかどうかわからないのに、先方にそんな手間をかけてしまっていいのかなあ」と躊躇したが、電話して聞いてみたらOKということなので、送ってもらうことに。
届いたDVDには、ちゃんと点字表示もついていた。
インストールも音声ガイド付きだ。

cd_image

再起動すると即、「音声読み上げパソコン」に早変わり!
そのまま使ってもいいけど、かなり細かく設定変更して、自分にとってもっとも快適な音声読み上げ環境を作ることができる。

男性の声がいいのか女性の声がいいのか、あるいはスピードだったり、句読点を読むかどうかだったり。
目にたよるマウスではなく、キーボードを使っての操作が中心なので、ちゃんとオンラインマニュアルを読まないと(聞かないと)、細かな操作方法はわからないが(あらためてGUIって便利なんだなあと)、とりあえず、スタートボタンからアプリケーションを起動させてみたり、自分のブログを開いて読んだり、あるいはメモ帳で文字を入力したりなどしてみた。

いい感じ♪
でも同時に、日本語を機会に読み上げさせることって本当に難しいんだなあと実感。
英語サイトであれば、単語ひとつひとつをその発音どおりに読んでつなげればそんな違和感ない読み上げになるけど、日本語って動詞活用が複雑で助詞・助動詞ともつながってしまっているし、漢字の読みもいろいろ。単純な作業ではないんだろうと素人ながらに思う。
それでも、かなり滑らかな読み上げになっていて、そんな違和感を感じない。
句読点や改行部分をどうするかなど設定で細かく変えられる。
自分のブログは、ちゃんと本文部分から読んでくれ、全体的に悪くないが、ちょっと不便だなあというところとか、反省点もいくつかある。

  1. 記事本文上部のアフィリエイト用テキストやGoogle AdSenseも読み上げ対象に
  2. Flickrで貼り付けた写真は「ALTタグ」が単なる数字
  3. 余計なALTタグが入っている

以前は、画像には「写真」「画面キャプチャ」というALTタグを入れていたが、Flickrを使うようになってから、Flickr側でここの写真につけているタイトルがALTタグに記述されるようになった。面倒でいちいちFlickrの写真タイトルをつけなかったため、単純に画像ファイル名がALTタグに入るようになってしまった。
そのためいちいち「2008 01 31 01」とか数字を読み上げてしまう。

やはり、ひと手間かけても、ちゃんと意味のあるALTタグを入れなくちゃいけないなと思った。それも長すぎる説明は邪魔な気がするので、「写真(箱の裏)」くらいの簡単なもののほうがいいかもしれない。
上部の「はてブ数」アイコンなどのALTタグも、HTMLソースを取得したままの状態で使っているが、Livedoor Readerが「Subscribe with livedoor Reader」と英語だったりして、直したほうがいいものもあった。

文字入力もやってみた。
漢字変換は、一文字ずつ「対立するの“対”、応答の“応”」など言ってくれる。
コントロールキーなどを使って、一行だけ読み上げたり、全文を読み上げたりいろいろ細かく確認作業をしながら文章を書いていくことができる。
キーボード操作が基本なので、「感覚的に操作」というわけにはいかず、ちゃんとオンラインマニュアルで操作方法を覚えていかないと駄目。でも慣れたら、WEBサイト閲覧やブログでの情報発信、メールのやりとり、あとWORDやEXCELなどの操作はかなり正確にできそうだ。

こんな音声時計や音声電卓もついていた。
音声時計を立ち上げて、ファンクションキーを押すと、その瞬間の時刻を音声で読み上げてくれる。
いやー、なんかすごく心強いソフトだ!
高知システム開発では、それ以外にもいろいろな音声ガイドソフトを発売している(「PC-Talker」と組み合わせて利用する)。
●音声ガイドソフトウェアのご案内
一般ニーズのソフトと違って買う人は限られてくるから、その分どうしても価格にはねてしまうが、一度買えばずっと使えるのだから高くはないのかもしれない。
自分とかだったら、極力目を酷使させないためということで、「PC-Talker」をひとつ買っておいてもいいのかもと思ってしまった。
うーん、でもその用途にしてはちょっと高い買い物になってしまうか・・・。悩。
とりあえず、インターネットはやりたいけど、目が悪くて文字を読むのが・・・という人にオススメしてあげようと思う。

最新Windows10では「Microsoftナレーター」が日本語対応済み。

もうひとつ、Windows10に標準搭載されている「Microsoftナレーター」。
これも音声を頼りにパソコン操作したい人のためのツールだ。
「コントロールパネル」の「コンピュータの簡単操作」で起動できる。

忘れることのできない職業訓練
4年くらい前、職業訓練にて弱視の方と出会い、サポートさせていただいた経験があります。
私自身も、不勉強の点もあり、PCTalker初体験でした。
その時もそうでしたが、見えることと見えないこととの差が大きく、人のサポート、ソフトのサポートがあることでスキルアップのスピードが全然違っていました。

やはり、人は、一緒にソフトを使いこなせる喜びを一緒に共有し、楽しんでいく必要性があると実感した。

Photoshop/Illustarator/Dreamweaverも1つのツール!
ツールはツールでしかないのですが、このツールを通じて何を感じ何を実現していくかが本当に大切だと感じました。
また、年齢も、性別も、個性も関係なく、自分自身をどのように発揮していくか?
このことにつきると・・・・。

いつ何事も『できた!!』がないと、続かないものです。

その方は、前向きで、一生懸命で、1つ1つ着実にやりこなしていく方で、とってもこちらが力を分けていただいている状況でした。

毎月、山形県内の訓練生が集結し、現状と悩みを話し、分かち合い、解決していくことでさらに強い『絆』の中、密度の濃い受講期間を終えられていきました。
職業訓練を委託いただいた、職業能力開発専門校の皆さん、職場でサポートしてくださった皆さん、訓練生をいつもサポートしてくださった家族の方々、全員で実らせることのできた職業訓練でした。

本当に忘れることのできない、大切な宝物です。

今では、その中の1人がアビリンピック全国大会山形大会に出場されるとのこと。
嬉しい限りです。頑張って下さい!!

アビリンピック全国大会 山形大会  >>
期日:10/28(金)〜30(月)まで
会場:山形県山形市及び天童市(山形ビッグウイング、山形県総合運動公園において開催予定)