お酢にはダイエット効果があるといわれていますが、大切なのはタイミングです。ダイエットのやり方はお酢を飲むだけの簡単な方法ですが、タイミング間違うと意味のないものとなります。

お酢ダイエットで効果を感じる口コミはあまり多くありませんが、黒酢では多いようです。お酢を飲むだけの簡単なダイエット方法なので、効果が感じることができればうれしいのですが。。。

お酢ダイエットとは?

お酢は、体にいいと古くから料理には欠かせない食品となっています。
最近は、健康ブームの影響で、黒酢やりんご酢など種類も増え、薄めずに飲めるドリンクタイプなども出回るようになりました。

そんなお酢ですが、ダイエットにもいいとお酢ダイエットを実践している人も多くいるようです。お酢ダイエットとは、毎日大さじ1~2杯を食後に飲むだけの簡単にできるダイエットです。

ウォーキングなどの有酸素運動を合わせて行うと、よりダイエット効果があります。

では、お酢は何故ダイエットに適しているのでしょうか?

お酢には、クエン酸を始めたんぱく質に含まれるアミノ酸など、60種類以上の有機酸が含まれています。クエン酸は、体内の脂肪をエネルギーに変えるクエン酸回路を円滑にする働きがあります。

お酢の中のクエン酸が脂肪をエネルギーに変えてくれる為、太りにくくなります。

同じくお酢に含まれるアミノ酸は、脂肪の分解を助ける働きがあります。

このアミノ酸を摂取して運動すると、さらに脂肪の燃焼効果が上がります。

それから人間の体は、食事を摂ると血糖値が急上昇しますが、お酢はそのスピードを抑えてくれて体内に脂肪が溜まりにくくなります。

このように、お酢にはダイエットに適した働きが多くあるのです。

お酢ダイエットの効果とは?

お酢ダイエットには、いろいろな効果があります。

お酢に含まれる多くの有機酸が、脂肪燃焼効果を上げたり、脂肪分解を促進したり脂肪を溜まりにくくする働きがあるので、体重が減少して太りにくくなります。

その中でも酢酸やクエン酸が、腸内環境を整えてくれ大腸のぜん動運動が活発になり、便通がよくなり便秘解消に繋がります。

お酢には利尿作用があり、お酢を摂取すると腎臓が尿を排出させようとします。この作用により、体内の余分な水分や老廃物も排出されるので、むくみの解消に繋がるのです。

またお酢に含まれるアミノ酸やクエン酸は、疲労回復のスピードが上がったり新陳代謝がよくなります。

これによって、冷え性に効果があり体温も上昇傾向になります。

冷えはダイエットにとっては、決していいことではないので冷えの解消はダイエットに効果的です。それ以外にも、お酢には肌色をよくしたりくすみを解消したりとの美肌効果や、血液がさらさらになる効果などもあります。

お酢ダイエットは、ダイエットに効果があることはもちろん、美肌効果や健康効果も期待できるのです。

やり方は飲むだけ!

お酢ダイエットのやり方は、1日に15~30mlのお酢を食事の後に摂取するだけでいいので、とても簡単にできます。

何故食後がいいのかというと、お酢は食欲を増進させる効果があるので、食前に摂取するとかえって食事量が増えてしまいダイエット効果が得られなくなるかも知れないからです。

お酢はどれでもいいですが、アミノ酸が特に多く含まれている黒酢がダイエットに向いています。1日3食の後に10mlずつ3回に分けて摂取したり、夕食後だけ15mlの摂取でもいいです。

お酢はそのまま飲んでもいいですが、酸っぱいのが苦手な人にはかなり飲みづらいです。
そのような人は、ヨーグルトや牛乳、野菜ジュースなどに混ぜて飲んだり、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

黒酢やリンゴ酢などの市販のドリンクを利用するのもいいですが、糖分などが入って飲みやすくされているので、飲み過ぎには注意が必要です。

それからお酢は、かなり刺激が強いので胃腸を痛める場合もあり、体調を見ながら自分に合った摂取量を見つけて、お酢ダイエットを続けていくことが大事ですね。

飲むタイミングは寝る前が効果的?

お酢ダイエットの飲むタイミングは寝る前でも効果があります。

寝る前に飲む方法は、ホット酢ドリンクダイエットといって最近話題になっています。やり方は、大さじ1杯くらいのお酢をホットドリンクに混ぜて、寝る前に飲むだけの簡単なものです。

お酢には、血圧を下げて血流をよくしたり、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。また、お酢をホットドリンクと混ぜて飲むことで、体を温める効果もあります。

冷え性の人は、基礎代謝も低くなっていて、カロリー消費ができにくくなり痩せにくい体質になり、ダイエット効果がなかなか得られなくなります。ホット酢ドリンクを飲むことによって、血糖値が急に上がることを防ぎ、さらに基礎代謝を上げることでやせやすい体質になるのです。

お酢ダイエットは、昔から使われてきた健康食品であるお酢を使う方法なので、お金もかからず手軽に誰にでもできます。

お酢の酸味が苦手な人は、量を減らすなどして自分好みの味でいろいろ試してみるのもいいでしょう。

効果的な飲み方は?

お酢ダイエットの飲み方は、いろいろあります。

お酢ダイエットとして一番されている飲み方は、毎食後や夕食後にお酢を飲む方法です。食後に10mlくらいを摂取するだけでよく、飲みにくい場合は牛乳などに混ぜて飲んでも効果があります。

それから、お酢はどんな種類でもいいのですが、合成酢より醸造酢の方がアミノ酸などが多く含まれているので、醸造酢を選びましょう。

よりダイエット効果を出したいなら、ウォーキングなどの有酸素運動の前後にお酢を摂取するのがおすすめです。運動の前後にお酢を摂取すると、ダイエット効果だけでなく筋肉疲労に効果があり、疲労回復を早めてくれます。

痩せた口コミは?

お酢ダイエットでやせた口コミを紹介します。食べ過ぎた時にお酢を飲むと、翌日体重が減っていたそうです。これはビックリ!(個人差もあるとは思いますが)

しかも、お酢の利尿作用のおかげでむくみが解消され、便秘にも効果があったそうです。
毎日夕食後にお酢を飲んでいる人は、毎日便通があり体重も減ってきたと喜んでいました。お酢にバナナを漬けて飲んだり豆乳に混ぜて飲んだりして、おいしく飲めて体重は減ってきて嬉しいとのことでした。

黒酢をお湯で薄めて飲んでいる人は、ダイエット効果はまだ無いが便秘は改善したそうです。

お酢を飲むのは苦手でサプリメントでお酢ダイエットをしている人は、便秘解消してむくみがとれてきたそうです。

お酢ダイエットを始めて、2日で1キロやせて人もいました。黒酢を飲んで、一ヶ月で6キロやせてお酢ダイエットの効果を実感している人もいました。

リンゴ酢を飲むようになってから、食欲が抑えられているので、おいしいしずっと続けられそうだ、という声もありました。ほとんどの方が、自分の好みのお酢を選んで楽しくダイエットをしていて、体重も減って体調がよくなったことを実感できているようでした。

お酢ダイエットの効果はタイミングが大切!【やり方は飲むだけ】のまとめ

すっぱいのが苦手な人もいるかもしれませんが、飲みやすい飲み物に混ぜると試しやすいかもしれません。毎日少量を少しずつ摂取することが健康にもつながります。

材料

・レモン(無農薬)2個

・リンゴ酢300cc

・レアシュガーシロップ(蜂蜜)60cc



1
よく洗ったレモンを5mmの厚さに切りそれを八等分にする
2
煮沸消毒し乾燥した瓶に、①レモン ②レアシュガー ③お酢 の順番で入れる
3
日の当たらない場所で保存しいろいろな意見がありますが3日~2週間の間で完成だそうです
私は3日後に試してみます
4

5mm程度の厚さにします(スライサーで薄く作りました)

5
厚みに何の問題があるのか。理解できなかったので、多分レモン果汁の流失を懸念してかと思い果汁が漏れないようにしてます
6
これを使ったタルタルソースが本当に美味しそうで今から楽しみです
7
1日に大さじ5杯。食べるのが良いそうです。
コツ・ポイント
サンデープラスのレシピは以下です

<材料>(約12日分)

・国産レモン  2個
・酢      400ml
(特に肌の効果を得たい人は
 リンゴ酢がお勧めです)
・ハチミツ   60g

私は糖分を取りたくないのでレアシュガーにしています。

無農薬のレモン探すのが大変でしたが無農薬以外にメイサーレモンというみかんとの交配種は余計な薬を使っていないので皮ごとたべられるそうです

それも試してみます