【勝負の時】

 

パソコンスクールの終焉期を迎えているようですね。

山形市内のパソコンスクール、職業訓練施設がどんどんと閉鎖、廃業が進んでいるようです。

みなさんはどのようにとらえますか?

経済の盛衰からみればいたしかたないことかもしれません。

スキルアップの機会を支えてきた施設が減って行くことが本当にいいことなのでしょうか?

個別講習施設 職業訓練施設について、下記のような声を発していました

【個別講習施設】
・価格が高い。
・予算的に

【職業訓練施設】
・人数が多くて質問出来ない、覚えられない。
・講習日程が密で大変!

【じぶんで】
・甘えが出てサボっちゃう。
・覚えられない

 

どんな行動をするか選択をするにしても『覚悟』『決断』が迫られます。

 

 

『マンツーマンで短期間で習得できますがある程度の金額をでもいいですか?』
(あるスクールでは)『ビデオ』で流れたこと以外は教えられませんと言うことも
『集団講習で大人数になるのです。低予算ですが質問出来ないかも?人数が集まらなければ開催できませんがいいですか?』

 

もしかしたら、本当にスキルアップしたい時にサポートしてくれる施設がなかったらじぶんでコツコツとじっくり試行錯誤して最初から最後まですると言うことも覚悟が必要な人もいるのかもしれませんね。
また、思い込みで進めて間違えて覚えちゃうこともあるのかもしれませんね。
短期間でキチンと正確に覚えるのでしたら受講をおすすめたいですね。

 

WindowsからServerの基礎・プログラミング基礎、CAD制作まで多様なコースを準備してお待ちしています。

 

もし受講を決心していただけたら全力で応援いたします。