山形 置賜 就職 転職 資格 パソコン教室、パソコンスクールならミライデザイン人生の駆け込み寺パソコン教室・パソコンスクールのミライデザインキャリアセンター【公式サイト】PC・IT・Web・CADまで幅広い講座が充実。スキルアップ・キャリアアップ・資格取得・就職・転職を徹底支援します。

カウンセリングとは何か?

カウンセリングとは、問題解決や課題達成、目標の実現など、さまざまな課題を解決し、夢や目標を具体的な「形」にしていくために。柔軟な思考と行動をサポートするための、コーチとクライアント(カウンセリングを受ける人のこと)との間で結ばれるパートナーシップです。

カウンセリングは、見る角度によって、その説明や解釈が変わります。ある見方をすれば、「カウンセリングとは、人材を育てるためのサポートプログラムだ」といういい方もできるし、ある見方をすれば「カウンセリングとは、コミュニケーションの手法だ」とも表現できます。

また、カウンセリングには……

  • 人材育成 vs 個人の成長
  • 心の豊かさ vs リアルな行動
  • 対象はクライアント vs 対象は自分
  • 教育 vs ビジネス

など、いろんな分け方ができます。つまりカウンセリングは、「何を望むのか」によって答えが変わってくるともいえます。

カウンセリングで扱う範囲は広く、ひと言で説明するのはとても難しいのですが、ここでは「カウンセリングとは何か」を、初めての人でも分かりやすい説明を試みます。そして、誰もがカウンセリングに触れる機会を持ち、あなたの目標達成や理想の実現に向けて「今、何をすべきか」を提示したいと思います。

なお、ここでは、「ビジネスパーソンが、カウンセリングを仕事やビジネスに生かす」という前提で見ていきます。

 

カウンセリングとは何か―カウンセリングの定義

一般的な定義

まず、カウンセリングの一般的な定義についてみてみましょう。Wikipediaには次のように紹介されています。

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。

出典:カウンセリング | Wikipedia

語源は英語のcoach(コーチ。「馬車」という意味)とされています。馬車には、「人を目的地まで送り届ける」という目的から、coaching(カウンセリング)は「対象者の目標やゴールに向けて支援すること」ともいわれています。

しごとのみらいの定義―カウンセリングとは「人の成長を支援するツール」

次に、「カウンセリングとは何か」をしごとのみらい的にひと言で表現してみます。私たちは、「人や組織の可能性をひらき、成長を支援するツール」としたいと思っています。

「成長を支援する」とは、心や体の成長はもとより、学習意欲やビジネスの成長など、あらゆる成長を意味しています。

「ツール」とは、「カウンセリングが目的ではない」ということです。ツールは目的を達成するための手段です。それ自体が主体ではありません。同様に、主体はコーチにはありません。常にクライアントにあります。

カウンセリングにおける目標の現実化

カウンセリングで大切な「目標やゴール」

カウンセリングでは、目標やゴールを大切にしています。もう少し簡単に言うと、「こうなったらいいな」「ああなったらいいな」などの「理想」です。目標やゴールは、「よし、これを乗り越えよう」「ああ、もっといい人生を歩みたいな」のように、人が成長する機会となり、新たな夢や希望を抱くきっかけとなります。

目標やゴールは、大きいものでもいいし、小さなものでもかまいません。なぜなら、どんなに小さな目標でも、それはいずれ、大きなものへと育っていくからです。

子どもの頃、「野球選手になりたい」「宇宙飛行士になりたい」など、あなたも夢や希望を描いたことが一度ぐらいはあると思います。夢や希望は人の意識を未来へと、前へと導いてくれます。カウンセリングのゴールとは、夢や希望のような「心のよりどころ」ということもできるでしょう。

目標がゴールを実現するために必要なことは?

カウンセリングでは行動も大切にしています。行動とは、夢や希望を叶えるための源泉です。さらに、行動の原動力となるのは、あなたの中にある「これを実現したい」という感情であり、その感情を抱く動機です。

「こうなりたい」「こうありたい」という動機によって自然と行動が生まれ、自然とやる気が生まれ、自然と結果へと、導かれていくのです。

一方、時には行動的になれないこともあります。その場合はゴールを明確にし、具体的な行動計画を立てること。そうすることで、未来が見えます。心が動きます。やりたくなります。そして、「何のためにそれをするのか」を具体的にすること。それが、カウンセリングの動機づけであり、行動の原動力となります。

ですから、カウンセリングは、「モチベーションを維持、管理するためのツール」ということもできます。

カウンセリングやり方と必要なスキル

ここまでは、カウンセリングの概論について触れてきましたが、ここからは少し、テクニカルなお話もしておきたいと思います。

「テクニカルな話」とは、どのようにやるのか、進めるのか、どんなスキルを使うのか、また、カウンセリングをする人(つまり、コーチです)になるためには、何が必要で、何を学ぶ必要があるのか……ということです。

カウンセリングの進め方

カウンセリングは主に、「質問」と「傾聴」を主体としたコミュニケーションを使います。

カウンセラーがクライアントにある質問をする。クライアントはその答えを考え、答える。さらにコーチはそれに対して質問をし、クライアントはその答えを考え、答える……カウンセリング型のコミュニケーションは、この繰り返しです。

アドバイスは、あまりしません。もちろん、ゼロではありませんが、基本的にはクライアントの主体性を大切にしています。ここでいう主体性とは、「自分で考え、自分で答えを見つける(または、見いだす)」ことです。自分で考え、答えを見いだす。だからこそ、行動につながるのです。

コーチに必要なスキル・能力

カウンセリングが「人の成長を支援すること」ならは、コーチには、成長を支援するだけの、さまざまな能力が求められそうです。

そこで、カウンセラーに必要な主なスキルや能力をまとめてみました。

コミュニケーション能力

カウンセリングでは、質問力や傾聴力など、コミュニケーション能力が求められます。

ビジネススキル、及び、経験

カウンセリングでは、行動を支援するために実務的なビジネススキルが求められます。特にビジネスシーンでは、知識に加えて経験が求められます。

メンタル面をコントロールするための心理学的な知識

どんなに高い目標やゴールを掲げていても、ビジネスシーンでは計画通りに行かないことや失敗することが多々あります。そのような場合、クライアントは悩み、挫折し、メンタル的に落ち込むこともあります。

カウンセリングでは、クライアントの心のケアができる必要があります。つまり、コーチとは、メンタルトレーナーでもあるのです。

カウンセリングが役に立つ人、立たない人

カウンセリングには、役に立つ人と立たない人がいます。成長意欲がない人(または、組織)には、残念ながらカウンセリングは役に立ちません。

モチベーションが低いこと自体は悪いことではありません。今、モチベーションが低くても「モチベーションを上げたい」という意欲を持っている人には役に立ちます。「今がどうか」ではなく、未来に対して「どうなりたいか」「どうありたいか」ということです。

そういう意味では、カウンセリングが役に立つか、立たないかは「クライアントの意思に掛かっている」といういい方もできます。

カウンセリングをビジネスシーンで生かすために

カウンセリングとは「人の成長を支援するためのツール」ですが、ビジネスシーンではどのように役立つのでしょうか。

ここでは、個人向けの「パーソナルカウンセリング」と、法人向けの「ビジネスカウンセリング」の2つに分けて見ていきます。なお、ここでいう「ビジネスカウンセリング」は、一般的には必ずしも「法人向け」というわけではありません。「ビジネス向けの」という意味合いで使われています。

パーソナルカウンセリング

パーソナルカウンセリングは、「個人の成長を支援するカウンセリング」です。対象は個人であり、扱うテーマは人それぞれです。

例えば、次のようなテーマがあります。

  • 起業・独立する
  • チームマネジメント/チームビルディング(チームをまとめる)
  • プロジェクトマネジメント(仕事をうまくまわす)
  • 個々人が持つ目標を実現する
  • メンタルをマネジメントする
  • 人間関係を改善する

パーソナルカウンセリングでは、費用を支払うのは個々人で、自身の成長のために、意志ある人が取り組んでいます。

ビジネスカウンセリング

ビジネスカウンセリングは、個人というよりも、法人として扱うような、やや大きなテーマを扱います。例えば……

  • 働きやすい組織を作る
  • 社員を育成する
  • 業績を上げる
  • 社員のメンタル面をサポートする仕組みを作る

カウンセリングの対象となる人(受ける人)は個人であることが多いですが、場合によっては、管理職の複数人の話し合いで、コーチがファシリテーターとして関わる場合もあります。

支払いは法人の場合がほとんどです。

ビジネスカウンセリングは、「カウンセリング型コンサルティング」といういい方もできます。組織として関わる分、より、実務経験が必要となります。

現在のカウンセリングの問題点

しかしながら、カウンセリングにはいくつかの課題もあります。

スキルやテクニックの習得に偏っている

カウンセリングを学んだ人の意見を聞くと、資格の習得や方法論など、その目的がスキルやテクニックを磨くことに偏っていることが散見されます。また、「カウンセリングを導入すれば、部下が動く」のように、カウンセリングを受ける、または、導入することが目的になってしまっている声も少なくありません。

もちろん、方法論も大切ですが、スキルやテクニックだけでは、解決しないことも少なくありません。「何のためにカウンセリングを学ぶのか」「カウンセリングを学んだ結果、周囲がどうなるのか」「そのためには、どういうあり方が大切か」など、カウンセリングを学ぶ、受ける、取り入れる「本質」を、今一度考える必要がありそうです。

感情面がフォローされていない

また、現在のカウンセリングでは、あまり感情面がフォローされていません。

カウンセリングは「質問型のコミュニケーションである」といわれています。質問は、カウンセリング型のコミュニケーションであることは事実であり、非常に大切なことには間違いはありません。

しかし、「目標(ゴール)は?」「現状は?」「目標と現状のギャップは?」「それを埋めるための行動は?」のように、頭で考える(思考する)カウンセリングでは「何をするか」は明確になっても、感情が動かないため行動につながりにくい場合があるほか、過剰な質問は責め立てられる、追い詰められる印象があり、これを嫌う人も少なくありません。

これらを解決するためには、クライアントの存在「どうありたいか」を引き出し、寄り添いながらカウンセリングをしていく必要があります

感情とは本来、とても豊かで、行動の源泉となる大切なものです。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-1652-4385 Office hours 9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright Mirai-design.© Penetrate All Rights Reserved.